さよなら。



きっと、これは失恋である。




これ関連の記事はきっと最後にするので、よかったら聞いてほしい。



昨日呟いたと思うが、私の好きな人というのはバイト先の人だった。

見た目はちょっと堅そうで、でも話すとお茶目でよく笑うユーモアなその人のことがいつの間にか好きになっていた。


最初はこの楽しさが友達としてなのか、それとも異性としてなのかが分からなかったけど、中高大と一緒だった子になにも言っていないのに「最近好きな人できたでしょ」と言われ、やっぱりそうなのかと納得した次第だった。

どうやらそういうオーラが出ていたらしい。



昨日の退勤前に、同僚の人に「そういえば、○○くん、今日付けでやめたんだってびっくりだよね」と話され、私はただただびっくりした。

びっくりというより、すごく腰が抜けて

力が出なかった。

そのあとのその人の話はほとんど聞けなかった。なに話してたか覚えていない。




大学も、サークルも、ましてやバイトも違えば、会える理由なんてない。



だから、もうLINEで告白するしかないかと思い、本当にしてしまった。


割とすぐに既読がついたけど、「言いたかっただけなので返信は大丈夫です」と書いたことが響いたのか、本当に返信はなかった。


人生初の告白は、そうして終わった。

本当はLINEなんかじゃなくて直接言いたかった。なんでやめちゃうんだ。




でもわたしは知っている、この悲しさは時間が癒してくれる。

3月にはもう絶対にやっていけないと思ったけど大学で想像よりは楽しく過ごせている。


ただ、やっぱりそれまでは多少なりとも時間がかかる。



その人を想ってる時間はすごく楽しかった。

なんか不安に押しつぶされそうな時、その人とした些細なやり取りとか、そういうのを思い出しては心が弾んだ。



最近はその人が誰よりもかっこよく見えていたから、

もう恋はできない気がするとか、いろいろな感情があって本当に苦しい。

女子校でそもそも出会いがなかったけれど、

本当に久しぶりに人を好きになれたのである。


いつか、これでよかったと思えるくらい、また人を好きになりたい。



できれば、この記事が、悲しみに浸る重々しい記事としてではなく、

新しく歩み出せるための一歩になっていることを望んでやまない。



ありがとう、そしてさよなら。





治したい



わたしは多分かなり抜けてます。



適当な「おっちょこちょいてへっ💓」レベルで済めばいいんですけど、がちです。

周りは笑って済ましてくれてますが、いつか本当にアホすぎて見離されるんじゃないかとか、呆れられるんじゃないかとか、時々なんでこんなにアホなんだろうと思う時があります。


ただそういう時「治す」とわたしが言っても「○○には絶対無理(笑)」と返されるし、時々

悲しくなります。


なんかどじるときは、本当に意識外にあるから治しにくいのもわかるのですが、

周りに無理だよと言われるとすごくしょげってなります。きょうは顔にそれが出てしまった気もします。(最近気づいたけど感情を隠すのが苦手)


理性でどうにかできないことだから、すごく辛い。




話が飛ぶようですが、何かをやろうもしている人に対して「無理だよやめなよ」という人は少なからずいるなぁと感じます。


特に仮面はそういうのを言われると、やりきれないモヤモヤ感が湧いてくる人も少なからずいますよね。友達に言われた時すごく悲しかったのを覚えてます。







今私が授業で何をやっているか、というと看護過程という記録物を書く授業をしています。

これがかなり辛いです。あーついにきてしまったという感じですが、3年になればこれもまた比ではないと聞き、正直バンジージャンプものです。


辛いことから逃げてるだけかもしれないけど、

なんでこうなっちゃったんだろうってズッと考えてて永遠ループしそう。




補講かよ


おはようございます、今日は雨ですね。
土曜・雨・3コマ
普通に考えたらブッチブッチブッチ、ブッチですようわぁぁぁん!

この一週間、思い出すとなにもなかった気がしますがまぁそこそこいろいろなことをしました。


ここ最近のショックが中高の時の大好きな友達に彼氏ができたことです。
本当に楽しくて面白くて優しくていい子なので、いつかそういう日が来るのではないかと恐れていたのですがついに彼女に彼氏ができてしまいました。
本当はとっ捕まえてお前はどこのもんじゃと尋問してやりたいところですが、大学が分かれてしまったのでそんなこともできません。来週この子に会う約束をしたのでそのとき色々聞けたらいいなと思っているところです。

幸せにしなかったらぶっこry

娘を送り出す父の気持ちがわかった気がしました。




夏生まれ、ということもあって夏は大好きです。
あまり綺麗じゃない海に囲まれて育ったので、海!ビーチ!太陽!らぶ!というわけではないのですが、
夏のちょっと浮かれた雰囲気と、みんなのラフな感じが好きです。
冬と違ってお風呂でたあとの寒さもないし、なんとなく楽しみです(* 'ー')ノ

あと花火大会!花火大会行きたかった…
隅田川花火大会は浅草周辺という好きな場所
開催ということもあって死ぬ程行きたかったのですが大学に潰されました。
関東民じゃない人にも、一度はあのお祭り感を楽しんでほしい。
人ごみ苦手な人には死ぬほど辛いかも。


あと最近ちょいちょい意識的に運動をしようと心がけているのですがやっぱり体を動かすのはたのしい。
この間友達をさそってキャッチボールをしたのですが下方にきたボールを取るのが苦手で腕にアザを作りました。
あと、シュパッと球を送れない。
ボールの速度を出せるように今後も続けていきたいと思います。


夏はプールにも通いたいですね。楽しみ*\(^o^)/*





重い

命とは重いですね。

50年、60年という単位で何かを精一杯やってきた人でも、タイムリミットが来れば無に還る(諸説ありますが)。1年、2年、受験勉強に捧げてきたとしても、結局それが時を経て、長い旅の終わりが来た時、無力な個でありそれ以上でもそれ以下でもないのだと今思い知っているところです。

実感がわかず気持ちの整理がつかないところがありますが、多分これからたくさんしなくてはならないことが残ってるし、悲哀の作業を行わなければならないところです。本当に儚い

あまりに暗い記事になりそうなので話題を変えます。

と思いましたがまた暗い内容になります。

父と母は全然仲良くありませんでした。というか仲良くありません。

お互いを大切にしないから、なんで一緒にいるんだろうと端から見て思っていたわけなんですが、父と二人で話してた時に、父に離婚願望があることを初めて直接聞きました。社会人だとか、定年退職まで働くとか、そういうのが当たり前じゃなく様々な困難を経てそこまで至るというのはこんな小娘ですが分かるので、なんとなく自由になってもらいたいという気持ちがあります。いっぱいいろんなことを我慢してきた真島目で優しい人だと思うので。

お母さんは正直、特に、お父さんを粗末に扱ってきたという点が否めないのであまり庇えません。ただ彼女も彼女なりにこの家で死ぬまでやっていこうと踏ん張ってきたと思うので、専業主婦だしどうしようもないというのもあるでしょう。だからなんとなく突き放すわけにも行かなそう

とまぁ娘の心情は複雑ですが、そのままのルートとか、こう行かなければいけないみたいな世間のルールとか、そういうの大したことないと思うのでいい道を見つけてほしいものです。

こんな重い記事でしたが今日は本当に楽しかった。こういう日が続けばいいな